FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ぷにぷに

日々の出来事、感じたこと、メモを綴っていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

1月11日 10ヶ月に寄せて 

■ GSC被災地視察の報告

1月7日、8日に、GSC(※1)のメンバー20名ほどで石巻、女川、気仙沼を訪問しました。
今回は、3月に海外のGSCメンバーを招いて行う東北視察ツアーのためのフィールドワーク。

7日
・石巻(門脇地区~石巻漁港~石巻市観光協会)
・女川(役場~「高政」万石の里)

8日
・気仙沼(安波山公園~唐桑地区~気仙沼漁港~階上~気仙沼市商工会議所)

詳細はfacebookに書いていますので、私のfacebookページをご覧ください。

IMG_4383.jpg

石巻の門脇地区は壊滅的な被害を受け、無人地帯に。
しかし日本製紙石巻工場が昨年の暮れに再稼働し、煙が上がっていました。

IMG_4595.jpg

気仙沼市の安波山(あんばさん)公園からの眺め。リアス式海岸の湾口都市です。

IMG_4635.jpg

階上の岩井崎。

IMG_4660.jpg

気仙沼市の商工会議所でのディスカッション。
地元のスローフード協会から数名と、GSC日本メンバー。

実際に宮城県の沿岸部を訪れて思ったのは、やはりもっと現実を自分の目で見なければならないということ。
忘れてはならない。思いやりを失ってはならない。
私自身の沿岸部訪問はこれで2回目(一度目は宮古市田老)ですが、継続して訪れ、現地と交わりを持つことが自分にとって必要であると実感しました。

2日間のツアーを通して、特に女川の「高政」取締役企画部長・高橋正樹さんのお話を伺ったこと、気仙沼のオイカワデニム社長・及川秀子さんに実際にお会いできたこと(TEDxTOHOKUでの講演はwebで拝見)は幸いでした。

実際に当地に赴かなければ、わからないことがあります。



東日本大震災から、今日で10ヶ月です。
「今日も生きた、今日も生きた、という段階から、今日をどう生きよう、明日をどう生きよう、という段階に我々は進んでいます」というのは、オイカワデニムの及川さんのお話。
前に進まんとしておられる方々に、微力ながらお力添えができないか。
考える日々が続きますが、いま一つのアクションを起こそうとしているところ。
自分には復旧・復興に向けて金銭的な支援をすることはできませんが、東北の人間として寄り添いながら力を捧げる事で役に立つことが出来ればと思っています。


(※1)GSC:
世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が今後世界を形づくって行くであろう20代の若者を対象として2011年に創設したコミュニティ。日本からは30名が選出されています。
私もそのメンバーとして今回宮城県の被災地を中心に訪問させて頂きました。
今月行われる定例のダボス会議には、日本メンバーのうち5名が参加します。
詳細はIMPACT Japanのこちらが参考になります。
WEF Global Shapers Community with McKinsey
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/11 Wed. 21:50 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://chuotokkai201.blog119.fc2.com/tb.php/475-6535e019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。