FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ぷにぷに

日々の出来事、感じたこと、メモを綴っていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

12月24日 クリスマス 

■ 12月24日です。

クリスマスイブですね。
世界中ありとあらゆる場所で、人々が落ち着かない夜を過ごしている事でしょう。

日本の街中に目を移してみますと、クリスマス商戦とも言うのでしょうか、店頭がいつにも増して賑わっています。
イエスの生誕前夜に相応しくない表現ではありますが、現代の日本人にも”ケ”(=日常)と”ハレ”(=非日常・儀礼祭礼や年中行事)という二項対立的な感覚が残っているとするならば、今日は間違いなく”ハレの日”でありましょう。

どんよりと低迷する我が国の経済ではあるものの、このクリスマス前後と正月3が日、加えて、正月への準備にかかる年末の数日においては、どことなく、そんなどんよりとした雰囲気が払拭されるような気がするのです。

そう考えると、経済の低迷というのは理論的に証明できる要因が殆どでありましょうが、やはりその根底にあるものは各人の心の持ちようなのではないかと。

中国の経済発展が著しいのは、成金であれ汚れた金であれ、カネを手にした中国人が貪欲に経済を回しているという事実があってこそでしょう。
日本人はなぜか貯蓄志向が強いので散財を卑下するきらいがありますが、中国では散財こそ美徳、カネは使ってナンボのモノだ、という意識が当然の前提として存在するがゆえに、一部で極端な経済成長が見られるのではないかな、と。
現に、日本でも「ちょっと『ぜいたく』をしようかな」と思っている人が多い今晩は、街中が賑やかになっているわけですから。

聖なる夜に、貧しい頭を捻ってたどり着いた結論です。

日本人も、クリスマスにはこんなに賑やかになれる。
...日本経済の将来も、全くの闇の中というわけでは無いかもしれません。
スポンサーサイト

Posted on 2011/12/24 Sat. 20:38 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://chuotokkai201.blog119.fc2.com/tb.php/468-0521a589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。