FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ぷにぷに

日々の出来事、感じたこと、メモを綴っていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

10月6日 Pray for Steve. 

命あるもの、いつかは死す。
しかし、私たちが失った一人の人間は、世界を変えた。
この世の中に大きな変革を起こした彼の魂が、Appleという会社に永遠に宿らん事を願う。

スティーブはAppleを愛する者にとって尊師であり、名優であり、そして友人だった。
自分自身、Appleのプロダクツを全く使っていない時期もあった。
しかし、彼のビジネスにかける情熱、未来を切り開く才能は常に憧れであった。


彼は、誰も予期しなかった未来をもたらしたのではない。
スティーブ自身が望み、そして私たちが望んでいた「未来」を、その才能によって実現させたのだ。

押しつけの未来ではない。

誰もが望んでいる未来の形を叶えるためにスティーブが世の中に送り出したのがMacであり、iPodであり、iPhoneであり、iPadであったのだ。
同時に、革新的なアプリケーションもそれらのプロダクツに搭載された。
今回発表になったiPhone4Sに搭載されるハイクオリティな音声認識機能「Siri」もその一つだ。
端末に話しかけるだけで、最良の情報を端末が表示してくれる。
そんな未来の姿は誰もが憧れるところだった。
その未来は、スティーブの手によってもはや現実になろうとしている。

誰もが望む未来の形を叶えること。
これが、スティーブの最も素晴らしい功績ではないだろうか。と思うのだ。

私たちがあたりまえに暮らしているこの「未来」は、たった一人の天才によって切り開かれた。
Appleが今後も世界の先駆者たらん事を欲す。
そして、次の未来を「叶える」のは、私たち自身だ。


We pray Steve's soul may rest in peace.





.
スポンサーサイト

Posted on 2011/10/07 Fri. 00:09 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://chuotokkai201.blog119.fc2.com/tb.php/427-2562ecc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。