FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ぷにぷに

日々の出来事、感じたこと、メモを綴っていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

6月9日 心地よい音楽 

音楽部にも夏の訪れ
音楽部にも夏の訪れ posted by (C)鉄ちゃん

今日の一枚

「音楽部にも夏の訪れ」

ようやく例年並みの暑さがやってきて、音楽室もこれまで以上に暑くなる。
テノールのみんなで扇風機を出して、いよいよ夏のお迎え。


■ 心地よい音楽

どうしても、中途半端な年数だけ合唱に浸っていると、時として、音楽の本質を忘れ「聴き映え」だけに傾倒するようになってしまうことは否めない。

小手先のテクニックにこだわって、全体としての音楽の流れを見失ってしまう恐ろしさ。
それは小アンサンブルで演奏した時に強く感じた。

何が言いたいのか自分でもよくわからなくなるけれど、たまには、コンクールの重圧から逃れて、一歩退いた視点で音楽を考えることも必要ではないかということ。
もちろんいま努力すべきは定期演奏会でありコンクールであるけれども、その舞台での演奏を成功させるためにも、今一度「音楽」を俯瞰してみる必要があると思うのです。


決して技術的には絶賛できないけど、演奏者自身が「音楽を楽しんでいる!」という点で多くの人に讃えられることもある。最近それを感じたのは、この演奏かな。



報道ステーションの新OP。
所々細かいところに破綻があるなんて、そんな些細なことは気にしない。
この曲は純粋に好き。




これも最近ふとしたきっかけで見つけた。
県民会館だったかマリオスだったか、ライブの予告CMをしてたね。
コメント欄開くと「上手いなんていえないけれどオリコンを占領するようなものよりよっぽど音楽してる」というコメントが見つかるんだけれども、本当にその通りだと思う。


そして最後に思う事。
我々も必死に練習して、演奏する曲を心から愛せば、絶対に心地よい音楽を歌えるはず。
だから、また考査を乗り越えて頑張っていこう。
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/09 Thu. 22:16 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://chuotokkai201.blog119.fc2.com/tb.php/361-b18b5f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。